敏感肌 メイク

スキンケアのポイント

画像

敏感肌とは、少しのきっかけで肌のトラブルが起こりやすい肌のことをいいます。敏感肌の人の皮膚は、角質の水分保持能力が低下してしまっています。

 

敏感肌の原因は、ストレスや体調の変化、外部の刺激などによって、角層のバリア機能が弱まることで生じます。バリア機能が弱まることで、肌本来の機能が果たせなくなってしまいます。敏感肌を治すには、普段からのスキンケアが重要です。

 

敏感肌の人が必要以上に洗顔をしてしまうと、必要以上に肌の皮脂を取り除いてしまうので、注意が必要です。顔をこすりすぎると、その摩擦によって、肌に刺激を与えてしまうので、敏感肌の症状が悪化してしまう場合もあります。具体的な洗顔方法は、刺激の少ない石鹸を手のひらでよく泡立てて、顔をあまりこすらないように行います。

 

石鹸が泡立ちにくい場合、スポンジや泡立てネットを使って泡立てると良いです。すすぎは、ぬるま湯を使って、洗い落とすと良いです。髪の生え際や小鼻のまわりなどには、洗顔剤が残りやすいので、注意が必要です。洗顔後は、清潔なタオルを使って、やさしく抑えるようにして、拭き取ることが良いです。

 

また、1日に何度も洗顔をするのは避けた方が良いです。肌のうるおい成分も落としてしまうことがあるので、必要最小限にしておく必要があります。肌のうるおい成分を洗い流してしまうと、肌が乾燥してしまうので、敏感肌を悪化させてしまいます。そのため、洗顔は朝晩の2回程度にすることが良いです。

 

洗顔剤の選び方も重要です。合成界面活性剤を使っていない、植物由来の天然成分のものを使うことがおすすめできます。合成界面活性剤は、洗浄力が非常に強く、皮膚に付着すると、肌を保護している膜を溶かしてしまいます。そのことで、肌を守る機能が崩れ、敏感肌やアレルギーなどの肌のトラブルを起こしてしまうので、注意が必要です。また、敏感肌には、保湿も重要です。肌のうるおいが衰えると乾燥肌になってしまいます。

 

乾燥肌になると、皮膚表面の角質層が乱れてしまいます。そのことで、肌が外からの刺激を受けやすくなってしまいます。乾燥肌が進行すると、敏感肌の症状が出てくるので、しっかり保湿する必要があります。保湿剤をつけるのは、お風呂上りが最適です。入浴すると肌に水分が補われ潤います。しかし、入浴後には、すぐに補われた水分が蒸発してしまい、乾燥してしまいます。そのため、敏感肌の人は入浴後、しっかりと保湿することが重要です。保湿剤には、セラミドが多く配合しているものを選ぶと良いです。