敏感肌 メイク

メイク下地の選び方

敏感肌ですと化粧品を使うと刺激になるということで、メイクをしない方も中にはいらっしゃいます。しかし敏感肌の方もメイクをすることによるメリットがあります。

 

メイクをするときにはメイク下地をします。これは肌の色を補正したり皮脂を吸収したり、ファンデーションのなじみをよくする目的があるのですが、実はそれらの他にも遮光性があるのです。紫外線を遮断してくれます。

 

実は敏感肌は紫外線が原因でなってしまうこともあるのです。ですので紫外線由来の敏感肌には逆にいい結果をもたらします。また下地には美容成分なども配合されていることもありますので、これを付ける事によって乾燥を防ぐこともできます。

 

ですので敏感肌だからといって何も下地などもせずに外に出ればいいというものではないのです。ファンデーションはつけなくても下地だけをしているだけでもお肌を保護できます。敏感肌の要因として乾燥も非常に大きな要素となりますのでそれを遮断してくれるという意味でも下地は必要な存在となるのです。

 

そして敏感肌の方が下地を選ぶときのポイントなのですが、できるだけ無添加のものを選ぶようにしてください。石油などの材料の入っていないもの、そして保存料なども入っていないものを選ぶようにしてください。本当に必要な要素だけを入れているものにしてください。潤い成分の入っているもので無添加のものもあります。

 

ただ無添加のものであってもその人によってお肌への刺激性は違いがありますので一度パッチテストをしてみることをおすすめします。また色素などが気になる方も多いかもしれませンが、ミネラルなどを使っているものでしたらお肌に対する影響は少なくなるので安心してください。

 

そして使った後にはきちんとクレンジングによって落とすようにしてください。残っていますと敏感肌にとってはデメリットしかありません。敏感肌の方でも選び方さえきちんとしていればメイクと付き合っていくことは可能です。