敏感肌 メイク

メイクをするメリット

敏感肌状態を改善する為には、お肌に対して刺激になってしまうような事は避ける事が大切と言えます。刺激を与えてしまうと敏感肌状態が悪化してしまう事もありますので、普段の生活で気を配る必要があります。その為にはできればメイクをしない方が安心ですが、女性の場合はメイクをしないという訳にもいきません。

 

しかし、敏感肌にとってメイクはデメリットだけではありません。お肌にバリアを作る事ができるというメリットもあります。敏感肌というのはバリア機能が低下している状態ですが、バリア機能が低下している状態ですと紫外線によってお肌が大きく傷んでしまいます。

 

メイクを行えばお肌にバリアを張る事ができますので、紫外線によるダメージを軽減する事ができるのです。ただ、その際には敏感肌に適したメイク用品を使う事が鉄則です。メイク用品によっては敏感肌に刺激になってしまうような成分が含まれている事がありますので、お肌に塗布する事によってメイク用品自体がダメージになってしまいます。

 

では、どういった物を選べば良いのかと言いますと、まずは天然由来の成分で作られた物が挙げられます。豊富な化学物質が配合されている物ですと強い刺激になりますので、含まれている成分に気を配りながら選ぶ必要があります。UVカットができる物を選ぶ事も大切なポイントです。

 

外出時にはしっかりと紫外線をカットする必要がありますので、その為にもUVカットができるかどうかという事はとても大切です。他にもメイク用品を選ぶ際のポイントとしては、クレンジングや洗顔をする時に簡単に落とせるかどうかという事も大切と言えます。

 

メイクを洗い流す時にはお肌に成分を残留させない事が大切ですが、しつこくお肌に残ってしまうような用品を使ってしまうとお肌に対して刺激になりますし、クレンジングなどを行う時にも過剰に擦ってしまいお肌を傷める事になります。サラリと落とせるようなメイク用品なら敏感肌の場合でも負担を掛けずに済みます。